飼い主と死別し、施設で不安にしていた犬を引き取った帰り道。安心感からとった犬の行動に涙

施設に保護されていた4歳の犬リーガンを引き取ったアメリカ人女性のレザックさん。助手席に犬を乗せて家に帰る帰り道での犬の行動が話題です。

リーガンは飼い主さんが亡くなり、施設に引き取られました。しかし施設に馴染むことが出来ず、毎日心細そうにしていました。それを見たレザックさんは、リーガンを一時的に引き取ることに決めました。その帰り道に撮影されたのがこちらの映像。安心したようにレザックさんに前足を重ねる姿が映し出されています。

リーガンは一時引き取りの後、新しい家族に巡り会い、今は幸せに暮らしているといいます。よかったですね^^

71,155 views  0 comments
ランダム再生 ランダム再生 ランダム再生