feel lucky

クリスティアーノ・ロナウド選手が性的暴行で告訴される!ラスベガス警察が調査

0 コメント
Loading...

ロナウドの言葉は1分45秒あたりから。元教師のキャサリン・マヨルガさんが、クリスティアーノ・ロナウド選手に2009年、ラスベガスのホテルで性的暴行を受けたと告訴し物議を醸しています。

これに対し、ロナウド選手は、「私への告発をきっぱり否定します。レイプは憎むべき犯罪であり、私という存在と私が信じるすべてに反するものです。全力で汚名をそそぎます。私を利用して自分を売り込もうとする人間によって作り出されたメディアの飯の種にはならない」ときっぱりと否定。

最初の動画1分50秒あたりでは、「僕の名前を利用して有名になりたい人が捏造したフェイクニュースだ」と述べています。

マヨルガさんによれば、2010年に、本件を誰にも言わないことを条件に、約4,200万円を受け取り、秘密保持契約と和解契約にサインしたといいます。しかし、「Me Too」運動に触発され、秘密保持契約の無効と約2,200万円の賠償金を求めて告訴に踏み切ったということ。ラスベガスの警察は「2018年9月現在、捜査は再開され、刑事らは情報提供をフォローアップしている」とコメントしています。

ロナウド選手のパートナーのジョルジーナ・ロドリゲスさんは、自身のインスタグラムで「あなたはいつも自分の道に置かれた障害物を勢いと力に変え、偉大さを示してきた。毎試合、私たちを楽しませてくれてありがとう。いつも前よりもっと素晴らしくなっていく。あなたを愛しているわ、クリスティアーノ」とコメントしています。

【参考サイト】BBC(英文)

コメントを残す