feel lucky

救助され傷の治療が終わった小さなペンギン。別れの時、ペンギンは「ありがとう」と伝えてきた

5 コメント
Blue Penguin Release of a rehabilitated injured blue penguin adult (not a baby) back to where it originated from. The penguin had sustained a significant head wound from freeing itself from plastic netting. Pain relief, antibiotics, vitamins, rehydration, feeding and rest ensured a successful return to the wild. Did you know? Unlike the penguin species in Antarctica, blue penguins are largely solitary, and generally nest in small colonies or as individual pairs. Video: Ben Foster Kaikoura Wildlife Rescueさんの投稿 2017年1月1日日曜日
Loading...

動画が見られない方はこちらからどうぞ。ネットに引っかかってしまったところを救助されたコガタペンギン。頭に傷を負ってしまっており、ニュージーランドの海洋生物保護団体が保護して治療をしました。この動画は、治療開始から1週間後、無事治療を終えたペンギンが海に帰される瞬間を収めたもの。解放されるも、名残惜しそうに振り返りながらスタッフさんを見つめる姿が映し出されています。その姿はまるで「ありがとう」と感謝の気持ちを伝えてくれているようでした。無事に仲間の元に帰れたことを願います^^

匿名 へ返信する コメントをキャンセル

  • この子、逞しいなぁ。誰もいない場所に、こんな小さな子が大海原に行くなんて。でもやっぱり元々生まれ育った場所に帰っていくのは自然な事なんだね。無事仲間の下に辿り着けたかな。

  • なんか感動もんやね

  • 真心が通じたペンギンさんとの心の交流が素晴らしいですね、ただ悲しいながら世の中には例え同じ人間でもそうではない、○にがありますが😢

  • 愛おしすぎて ボクなら 離せないなぁ〜

  • 動物って、助けてもらった、何かよくしてもらった事って分かっていると
    思うのです。このペンギンは海に帰るのは嬉しいけど、今まで近くにいてくれた人と離れることも分かっているのだと思う。そして嬉しかったと思います。🐧