feel lucky

子猫を拾ったものの、家には大型犬がいるので飼えない。。しかし翌日の心温まる光景を見て飼うことを決心する!

1 コメント
Loading...

アメリカ・ロサンゼルスの路上で、親や兄弟たちとはぐれてしまい、一人ぼっちでいた子猫を保護したシャラさん。しかし、家にはすでに大型犬を飼っていた為、この猫を飼うことは出来ないと考えていました。しかし、子猫を保護してから一晩が経ち犬のロキシーと会わせてみると、なんと子猫を舐めてとても嬉しそうな様子。ロキシーは子猫のことを受け入れてくれたのです。その後、子猫はクレンショウと名付けられ、家族の一員として迎え入れられました。優しい飼い主さんの元で、ロキシーも優しい犬に育っていたのですね^^ よかったです。

コメントを残す