しょうがい児と母親の感動の詩。息子「ぼくが生まれてごめんなさい」母「生まれてきてくれてありがとう」

なぜ自分はしょうがい者になってしまったのか?自分がいなければみんなに迷惑をかけることはなかったのではないか?と思ってしまう方も多くいます。この動画の息子も「ぼくが生まれてごめんなさい」と思ってしまったようです。しかし、この母は息子に「ありがとう息子よ。あなたのすがたを見守って、お母さんは生きていく。悲しいまでのがんばりと、人をいたわるほほえみの、その笑顔で生きている」と返しました。このやりとりに、愛の本当の姿が垣間見えました。

ピンフ

この動画が気に入ったら

comments
ランダム再生 ランダム再生 ランダム再生