マラソンレースの途中に横たわる子犬を見つけた女性。残りの30kmを子犬を抱えて走り共にゴールし賞賛の嵐!順位よりも大切なこと。

 
1 コメント
Loading...

タイ・バンコクでの出来事。マラソンのレース中、大会に参加していた43歳のKhemjira Klongsanunさんは、他の選手たちが地面に寝た子犬を避けて走っていることに気づきました。近くには親の姿も見当たりませんでした。他の選手たちがそのまま通り過ぎてしまう中、Khemjira Klongsanunさんは立ち止まり、子犬を胸に抱えました。そして、Khemjira Klongsanunさんは残りの30kmを子犬を抱えながら走り続けたのです。そして、彼女は子犬とともにゴールを切りました。

その後、Khemjira Klongsanunさんは子犬を家に連れて帰り、子犬は他の犬たちと仲良くなり、ノンチョムという名前を与えられました。

しかし、それだけで終わりではなく、Khemjira Klongsanunさんは念の為、子犬を拾った地点に親や兄弟がいなかったか再度確認しにノンチョムを拾った地点を訪れました。しかし、そこには何もいませんでした。

Khemjira Klongsanunさんはノンチョムのためにどれだけの時間を失ったのかはわかりませんが、この出来事はこの先に続く愛に溢れた人生と比較すれば些細なことです。

コメントを残す