【感動】脳性麻痺の少年がトライアスロン完走!歩行器を捨て、何度も転びながらゴールへと向かう姿に心動かされる。

イギリス在住の8歳の少年、ベイリー・マシュー君は、生まれつき脳性麻痺を患っています。手足が想う通りに動かず、歩行器なしでは歩くこともままなりません。そんなマシュー君が挑戦したのは、水泳100メートル、自転車4キロメートル、マラソン1.3キロメートルのトライアスロン。最後のマラソンで、「一人の力でゴールしたい!」という強い意志の表れか、20メートルほど手前で歩行器を手放してしまいます。転びながらもゴールを目指すその姿に心打たれます。

トンプー

この動画が気に入ったら

comments
ランダム再生 ランダム再生 ランダム再生