母が死にそうになって、救急車に同乗してわかったこと。車は止まるけど歩行者は。。

Facebookで「救急車に乗って感じたこと」という文章が話題になっています。車は止まってくれるけど、自転車や歩行者はなかなか止まってくれないことが多いようです。患者は少しのブレーキや揺れでも苦しいことがあります。何かあった時にパトカーや救急車が来るのが遅いとクレームを入れる人。あなたは普段緊急車両を優先して通してあげていますか?例え自転車や歩行者だったとしても、緊急車両を優先して通してあげてください。いつ自分が救急車に乗るかもわからないのです。【全文】「母が死にそうになって救急車に同乗してわかったこと。車は止まってくれるが自転車は止まらない方が多かった。そういう方達のために救急車が止まるたびに胸を締め付けられそうになった。お願いです。車でも、自転車でも、歩いていても、救急車が来たら、通り過ぎるまでのほんの少しの時間ですから、その場に止まってください。一刻を争っていることがあるのです。この現実を1人でも多くの方に知って頂けるように......もし自分だったら、もし家族だったら.....どう?緊急走行救急車を妨害する人達。緊急車両が近づいて来たら、おかまいなしで横断する人達。歩道で動かず待つ人を見習ってほしいです。」

ピンフ

この動画が気に入ったら

comments
ランダム再生 ランダム再生 ランダム再生