「ねえパパ、どうやって鮭を捕まえるの?」息子の質問に、父は…

16357_main01

これからご紹介するのは、6つの映像です。それぞれ、同じテーマで作成されたもの。

一線で活躍するクリエイターたちが「プライスロック」というテーマで創りだした映像作品。

ここまで違う作品が出来上がるのかと驚かされます。ぜひひとつひとつ、見てみてください!

パパ、凶暴な鮭をどうやって捕まえるの?
「パパは、鮭とり名人」

夕食中の、クマの家族。今晩のおかずは鮭です。

「ねえパパ、パパはどうやって鮭を捕まえるの?」

16357_04

僕もパパみたいに、毎日鮭が獲れる、立派なクマになりたいんだ!

キラキラした目で見上げてくる息子に、パパは「お前にはまだ早いんじゃないか?」と答えを濁すのですが…。

16357_06

パパが鮭を獲る方法が、あまりにも予想外すぎて、クスっとしてしまいますよ!!

頑張る父親の姿に涙…
「プライスロック 父と子の6 ヶ月の物語」

父と子のふたり暮らし。父は料理が慣れず、野菜を切ることすら上手にできない。

16357_15

そんな中でも、息子のために精一杯。だけど、息子が一言「ママのカレーが食べたい…」

16357_18

胸がきゅっとなる切ないストーリーと、「世知辛い世の中」で生きる人たちへ贈るエールのインパクトのギャップが不思議。

深夜のスーパーに侵入者
「プライスロックは動かない」

深夜、無人のスーパーマーケットに女性の侵入者が。店員は口論をしていて、女性の侵入に気づいていない…。

意味深なアートが展開され、独特な世界観に引き込まれていきます。

16357_07
16357_08

「意味がわからない」ことをアートとして表現している、不思議な作品です。

一枚一枚のカットがすべて「アート」で、ドキッとさせられますよね。

次のページ>> お母さんの作ったお弁当、覚えてる?

ツナ缶買いにいこ
「バタフライエフェクト―風が吹けば桶屋が儲かる」

お腹を空かせた女性。お金がないのでツナ缶を買いにスーパーへ。

16357_13

そのことがきっかけで、世界が大きく変わっていく…!?

急展開すぎて、「そう来たか!?」と思わずうならされます。

16357_14

無性にツナ缶が食べたくなってしまうのも、罪な映像作品です…。ああ、お腹減った。

値上げしないもの、なーんだ?
「主婦の夢」

「安いまま値上げしないで 6カ月。これ、なーんだ?」

これの答えが、「主婦の夢」だなんて…バッサリです。でも、夢じゃなくて、ホントなんですよ!!

見たら目が飛び出してしまうかも? あまりにシュールな作品です。

16357_11

日本のとある片田舎に着陸した、宇宙からやってきたたまご星人。「プライスロック」に驚いて目が飛び出しちゃう! …というとんでもない設定!!

飛び出した目は卵の殻で作ったというこだわりよう。最初から最後まで、頭の中が「???」でいっぱいにされてしまいます。

お母さんの作ったお弁当、覚えてる?
「 HANDMADE HOMETOWN 」

集められた6人の若者。そして集められた、6人のお母さんが作った6つのお弁当。

16357_01

子どものころ、お母さんに作ってもらったお弁当。どんなお弁当だったか覚えていますか?

どんなおかずでした? どんな見た目でした? 色は? においは?

同じカタチのお弁当箱に詰められた、お母さんの愛情を、若者たちは見事見分けることができるのでしょうか。

16357_02

大好物だったおかず。入れられるとちょっと嫌だったおかず。目を閉じると浮かんでくるようで、思わず涙ぐんでしまいそうです…。

6つのCM作品、いかがでしたか?

ひとつのテーマ「プライスロック」という言葉から、こんなにも幅広いアイディアが生まれてくるものかと、発想力に驚かされます。

お気に入りはどれだったか、ぜひお友達にも聞いてみてくださいね。

「ねえパパ、どうやって鮭を捕まえるの?」息子の質問に、父は…

ピンフ

この動画が気に入ったら

comments
ランダム再生 ランダム再生 ランダム再生