これが人類が初めて目にしたブラックホールの姿!視力300万相当、地球サイズの電波望遠鏡で世界初の観測に成功!

byピンフ
1 コメント    12,652 ビュー
Loading...

地球上の8つの電波望遠鏡を結合させ、地球サイズの望遠鏡でブラックホールを撮影するための国際プロジェクト「イベント・ホライズン・テレスコープ(ETH)」によって世界で初めて撮影に成功したブラックホールの画像が2019年4月10日公開されました。

望遠鏡は視力に換算すると300万相当。月面に置いたゴルフボールが間近に見える視力です。

アインシュタインの一般相対性理論によって、ブラックホールは真っ黒に見える(その圧倒的重力によって光が曲げられたり吸収されるため)と予言されていましたが、今回それが裏付けられた形となりました。

今回の観測は2017年4月の5日間の間に行われましたが、各望遠鏡が1日350テラバイトという膨大なデータを記録しているため、画像化に時間がかかりました。

下は国立天文台によるブラックホール周辺のシミュレーションCG動画。

コメントを残す

(スタンプ-38) 
(スタンプ-37) 
(スタンプ-50) 
(スタンプ-36) 
(スタンプ-46) 
(スタンプ-39) 
(スタンプ-33) 
(スタンプ-35) 
(スタンプ-34) 
(スタンプ-40) 
(スタンプ-41) 
(スタンプ-42) 
(スタンプ-45) 
(スタンプ-43) 
(スタンプ-47) 
(スタンプ-53) 
(スタンプ-52) 
(スタンプ-48) 
(スタンプ-49) 
(スタンプ-28) 
(スタンプ-29) 
(スタンプ-2) 
(スタンプ-22) 
(スタンプ-30) 
(スタンプ-19) 
(スタンプ-21) 
(スタンプ-3) 
(スタンプ-24) 
(スタンプ-23) 
(スタンプ-16) 
(スタンプ-4) 
(スタンプ-5) 
(スタンプ-7) 
(スタンプ-8) 
(スタンプ-9) 
(スタンプ-10) 
(スタンプ-11) 
(スタンプ-12) 
(スタンプ-14) 
(スタンプ-15) 
(スタンプ-17) 
(スタンプ-18) 
(スタンプ-20) 
(スタンプ-13) 
(スタンプ-25) 
(スタンプ-26) 
(スタンプ-27) 
(スタンプ-31) 
(スタンプ-32)