香港トップ「逃亡犯条例」改正案の正式撤回を表明

byエンタメニュースαあるふぁ
0 コメント    218 ビュー
Loading...

「逃亡犯条例」改正案を巡り混乱が続いている香港。2019年9月4日、林鄭月娥行政長官は「逃亡犯条例」改正案の正式撤回を表明しました(CNN)。

しかし、香港市民による「5つの要求」のうち1つだけであるため、香港市民はこれだけでは納得していません。

今回、政府が要求を飲んだため、他の4つの要求も通るのではという空気があるといいます。そのため、デモは更に大きくなるのではとの見方もあります。

香港市民による「5つの要求」は下記になります。

1、「逃亡犯条例」を全面撤回すること
2、平和に行われたデモを「暴動」と定義しないこと
3、逮捕されたデモ隊の「罪を撤回」すること
4、職権を乱用した警察の暴行を追及すること
5、林鄭月娥行政長官は責任をとって辞任すること

下は「5つの要求」の動画。

ついここで安心してしまいそうですが、とことんまで戦わないと本当に自分たちの望む世界は手に入れられないでしょう。

出典:CNN

コメントを残す

(スタンプ-38) 
(スタンプ-37) 
(スタンプ-50) 
(スタンプ-36) 
(スタンプ-46) 
(スタンプ-39) 
(スタンプ-33) 
(スタンプ-35) 
(スタンプ-34) 
(スタンプ-40) 
(スタンプ-41) 
(スタンプ-42) 
(スタンプ-45) 
(スタンプ-43) 
(スタンプ-47) 
(スタンプ-53) 
(スタンプ-52) 
(スタンプ-48) 
(スタンプ-49) 
(スタンプ-28) 
(スタンプ-29) 
(スタンプ-2) 
(スタンプ-22) 
(スタンプ-30) 
(スタンプ-19) 
(スタンプ-21) 
(スタンプ-3) 
(スタンプ-24) 
(スタンプ-23) 
(スタンプ-16) 
(スタンプ-4) 
(スタンプ-5) 
(スタンプ-7) 
(スタンプ-8) 
(スタンプ-9) 
(スタンプ-10) 
(スタンプ-11) 
(スタンプ-12) 
(スタンプ-14) 
(スタンプ-15) 
(スタンプ-17) 
(スタンプ-18) 
(スタンプ-20) 
(スタンプ-13) 
(スタンプ-25) 
(スタンプ-26) 
(スタンプ-27) 
(スタンプ-31) 
(スタンプ-32)