香港政府が「逃亡犯条例改正案」を正式撤回!正式に撤回の手続きが完了する!

byピンフ
0 コメント    73 ビュー
Loading...

香港政府は2019年10月23日、「逃亡犯条例改正案」が正式に撤回しました。香港治安局長の李嘉潮は立法評議会で、「逃亡犯条例改正案」を撤回し、草案を正式に終了したと発表しました。

2019年9月4日に林鄭月娥行政長官は撤回を表明していたものの、手続きはまだ済んでいませんでした。

しかし、香港市民による「5つの要求」のうち1つだけであるため、香港市民はまだ納得しておらず、デモの収束はまだ期待できないといいます。

香港市民による「5つの要求」は下記になります。

1、「逃亡犯条例」を全面撤回すること
2、平和に行われたデモを「暴動」と定義しないこと
3、逮捕されたデモ隊の「罪を撤回」すること
4、職権を乱用した警察の暴行を追及すること
5、林鄭月娥行政長官は責任をとって辞任すること

香港の動向はまだ注視する必要がありそうです。

コメントを残す

(スタンプ-38) 
(スタンプ-37) 
(スタンプ-50) 
(スタンプ-36) 
(スタンプ-46) 
(スタンプ-39) 
(スタンプ-33) 
(スタンプ-35) 
(スタンプ-34) 
(スタンプ-40) 
(スタンプ-41) 
(スタンプ-42) 
(スタンプ-45) 
(スタンプ-43) 
(スタンプ-47) 
(スタンプ-53) 
(スタンプ-52) 
(スタンプ-48) 
(スタンプ-49) 
(スタンプ-28) 
(スタンプ-29) 
(スタンプ-2) 
(スタンプ-22) 
(スタンプ-30) 
(スタンプ-19) 
(スタンプ-21) 
(スタンプ-3) 
(スタンプ-24) 
(スタンプ-23) 
(スタンプ-16) 
(スタンプ-4) 
(スタンプ-5) 
(スタンプ-7) 
(スタンプ-8) 
(スタンプ-9) 
(スタンプ-10) 
(スタンプ-11) 
(スタンプ-12) 
(スタンプ-14) 
(スタンプ-15) 
(スタンプ-17) 
(スタンプ-18) 
(スタンプ-20) 
(スタンプ-13) 
(スタンプ-25) 
(スタンプ-26) 
(スタンプ-27) 
(スタンプ-31) 
(スタンプ-32)