feel lucky

【国民祭典】皇后陛下も涙した圧巻の奉祝曲フルバージョンに鳥肌!「嵐」や天才ピアニスト辻井伸行さんも登場し最後は「君が代」!

6 コメント

演奏は1時間19分50秒あたりから。2019年11月9日に行われた天皇陛下のご即位を祝う「国民祭典」。

Loading...

「国民祭典」では嵐などが奉祝曲「Ray of Water」を披露しました。

第一楽章はオーケストラによる「海神(かいしん)」、第二楽章は盲目の天才ピアニスト辻井伸行さんのピアノ演奏による「虹の子ども」、第三楽章は国民的アイドルグループ嵐が歌う「Journey to Harmony」。

その後、「君が代」(独唱:ソプラノ 森谷真理 斉唱:参加者合唱 演奏:三自衛隊音楽隊)が歌われ、皇后陛下も涙する場面もありました。

コメントを残す

  • もらい泣きしました。

    +5
  • 日本、と言う国で、これからも生きて行く、国民の幸せとは何か、改めて考えさせられました。

    +4
  • 想像以上の祭典でした!
    涙うるうるしっぱなし!

    清清しい、国民の想いを汲んで下さる天皇!今お二人が天皇に相応しい。改めて強く認識出来ました。

    +3
  • お前たち詐欺師は全員、斬首でかまわない。

    0
  • では泣いた方は天皇、嵐、関係役員省庁の皆様方で、被災地の代わりに土地を提供して、すべての財産を分け与えるように。その後、択捉や竹島など奪還するために銃とパン一つで突撃して下さいね。お前等のために、すべての犠牲になった日本人のために。

    0