【神対応】さかなクンさん、特例でダイアナ妃しか認められたことのない「帽子を被っての国会出席」が認められる!「本体置いてく訳にはいかんわな」などの声

byピンフ
1 コメント    49,027 ビュー
Loading...

タレントで魚類学者のさかなクンさんが2020年2月12日、「参議院国際経済・外交に関する調査会」に出席し、「水産資源の管理と保護について」というテーマで参考人として意見を述べます。

しかし国会の規則では「品位や礼節を欠く」として、本来帽子の着用は認められていません。

しかし、今回さかなクンさんのん帽子は、特例的に「品位、礼節に欠いたものにはならない」と判断されました。

デイリー新潮によれば、これまで帽子を被ったまま議場で演説したのは1986年のダイアナ妃だけで、国賓であり、式典での着用だったためということです。

ネットには様々なコメントが寄せられています。

本体を置いていくわけにはいかないでしょう。

コメントを残す

(スタンプ-38) 
(スタンプ-37) 
(スタンプ-50) 
(スタンプ-36) 
(スタンプ-46) 
(スタンプ-39) 
(スタンプ-33) 
(スタンプ-35) 
(スタンプ-34) 
(スタンプ-40) 
(スタンプ-41) 
(スタンプ-42) 
(スタンプ-45) 
(スタンプ-43) 
(スタンプ-47) 
(スタンプ-53) 
(スタンプ-52) 
(スタンプ-48) 
(スタンプ-49) 
(スタンプ-28) 
(スタンプ-29) 
(スタンプ-2) 
(スタンプ-22) 
(スタンプ-30) 
(スタンプ-19) 
(スタンプ-21) 
(スタンプ-3) 
(スタンプ-24) 
(スタンプ-23) 
(スタンプ-16) 
(スタンプ-4) 
(スタンプ-5) 
(スタンプ-7) 
(スタンプ-8) 
(スタンプ-9) 
(スタンプ-10) 
(スタンプ-11) 
(スタンプ-12) 
(スタンプ-14) 
(スタンプ-15) 
(スタンプ-17) 
(スタンプ-18) 
(スタンプ-20) 
(スタンプ-13) 
(スタンプ-25) 
(スタンプ-26) 
(スタンプ-27) 
(スタンプ-31) 
(スタンプ-32) 
 
  • 「品位や礼節を欠く」国会議員、たくさんいるぞ! ねぇ北村誠吾くん。

    1+