「これは真実の愛だ」6歳の少年がダウン症の弟にいつもやってあげている愛に溢れる行動に世界中が感動!

 
0 コメント
Loading...

アメリカ・アーカンソー州の母親が投稿した動画が世界中で拡散され話題になっています。

動画には、ダウン症の弟トリップ君に歌を歌っている6歳の息子のレイス君の姿が映し出されています。母親のニコール・パウエルさんは「これがレイストリップとの絆です。彼はいつも彼に向かって歌っています」とコメントしています。

レイス君が歌っているのは、ジャスティン・ビーバーの「10,000 hours」。

1万時間でも費やすさ。
もう1万時間でもいい。
きみの気持ちを理解するのにそれくらいの時がかかるのなら、
それでも足りないかもしれない。
でもやってみるよ。
もし1万時間でも。
残りの人生すべての時間を費やしてでも。
君のことを愛し続けるよ。

レイス君は、この歌が「自分と弟についての歌だ」と信じているそうです。

動画には「これは真実の愛だ」「とても愛らしい」「純粋だ」「私たちの世界にはこのような魂がもっと必要です。大人も目を覚そう」「なんて愛らしい二人。とても貴重です。」などのコメントが寄せられています。

コメントを残す