【感動】レバノン自爆テロで両親を亡くした3歳の少年を元気付けにロナウド選手が来た!対面した瞬間、それまで平然としていた少年が、、

2015年11月12日。レバノンの首都「ベイルート」で自爆テロで両親を亡くした3歳の少年ハイダル君。何とか励ましたいと考えたレバノン人ジャーナリストのラナ・ハルビさんは、ハイダル君がクリスティアーノ・ロナウド選手のことが大好きなことを知ります。SNSを使って呼びかけたところ、それに心を打たれた人々が拡散し、二人の面会が本当に実現したのです。ハイダル君はどんなに勇気付けられたことでしょう。そして、ロナウド選手素晴らしい。

ピンフ

この動画が気に入ったら

comments
ランダム再生 ランダム再生