feel lucky

「病院が溢れるのが嫌」さいたま市の保健所長、検査拒否の実態を告白し物議!3月末にはユーチューバーも少なすぎる検査数を指摘!

7 コメント

冒頭の動画は3月26日の時点で、さいたま市の検査相談件数に対する実際の検査人数が少なすぎることを指摘した動画。

Loading...

2020年4月10日、埼玉県・さいたま市の西田道弘保健所長が、検査について「病院があふれるのが嫌で検査対象の選定を厳しめにやっていた」と明らかにし、物議を醸しています。

さいたま市は2月の検査開始から4月9日までに171件と、同規模の他の市と比較して検査数が少なくなっていました。西田所長は、軽症患者や無症状患者の隔離施設が無いのに検査を広げれば、必要がないのに入院する人を増やし、病床が埋まってしまうことを懸念したと説明しているということです(共同通信)。

冒頭の動画では、3月25日の時点で6631件の検査相談件数に対し、実際に検査した人数は95人と、あまりにも検査人数が少なすぎることが指摘されています。

ネットには「医療崩壊を防ぐには仕方ない」「←これのおかげで(実際の)感染は拡大」「やっぱり実態は検査拒否してたんか」などのコメントが寄せられています。

コメントを残す

  • 検査技師不足の現状がやっと伝えられてきた。多岐に亘る業務の中、コロナに集中しても人手が足りず休みもとれず、家族と会わないようにしてるとか。
    以前から故意に検査していない言われてたけど、現場の声に耳を傾けたマスコミがあった? 少なくとも私はマスコミを信じて保健所を悪く思ってました。
    今は反省し、現場の人達を応援したい。

    +1
    • 三か月で95件で人手が足りず休みも取れず!!!
      それ他国にも真似できないようなすんごい検査でもしてるに違いない!!!!
      すごいぞ日本!!!!!!!

      +1
  • 検査少なすぎて拡大してね?w

    +1
  • 症状が有ったのに故意に検査をしていない陽性の人が、何人いたのだろう?
    この陽性の人々が普通の日常行動をしていたとなると、恐ろしい。
    コロナ感染で騒ぎ出して数ヶ月経っているが、軽症患者や無症状患者の隔離病棟がないと埼玉県は公表しているが、これまで何をしていたのか?
    これから検査を増やすと、倍々ゲームで感染者が増えていきそうだ。
    行政の責任が問われそうだ。

    +5
  • 検査数と医療崩壊は別問題です。検査数を増やしても医療崩壊を来していない韓国がそのいい例です。問題は多くの軽症者を無条件で病院に入院させてしまった管理方法に大きな問題が有ったのです。

    +5
  • 1%か・・・想像より悲惨な数字出ちゃったな
    医療崩壊と言うけどそれだけの数の陽性らしき連中を野放しにしてたらいずれ感染が増えて医療崩壊を深刻なレベルで起こすだろうよ
    だから他国は最初に隔離を必死にやったんだ
    で、先月に笑ってた韓国は今やアメリカの研究機関から対応が早かった国と言われて死亡率も日本以下
    台湾やシンガポールの対策も褒められていたが日本は何の評価もされてなかったよ

    +5
  • 初期では絞れるだけ絞るのは必要だった。今は隔離施設があるからどんどん検査すべき時期に入った。

    +2