9ポスト ~「今」話題の動画~

犬を飼うことに大反対だった父親。しかし犬が病気になった夜、父親は一晩中犬を抱きしめていた

0 コメント
Loading...

7年前レイチェル・ロドリゲスさんが犬を飼いたいと言った時、父親は大反対しました。すでに猫を飼っており、さらにしつけや散歩などの手間が増えることが嫌だったからです。

しかし、結局犬を飼うことになり、家族として迎え入れられた犬はオリバーと名付けられました。オリバーが迎え入れられて最初の週に、オリバーは腹痛になってしまいました。

すると、思ってもみなかった行動を父親が取りました。なんと、オリバーを心配した父親はオリバーと一緒に毛布につつまり、一晩中オリバーのお腹をさすってあげていたのです。

現在では、オリバーが昼寝をしている時、父親は一緒になって寝るが大好きになりました。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Oliver Rodrigues the Golden(@x.oliver.and.company.x)がシェアした投稿

最初は反対していた父親ですが、今ではオリバーを大きな赤ちゃんのように大切に扱い、オリバーもまた父親のことが大好きです。

二人が気持ちよさそうに一緒に寝ている姿は世界で一番幸せな光景です。

コメントを残す