9ポスト ~「今」話題の動画~

「世界一悲しい表情の猫」と言われた捨て猫。優しい人に救われ1年後に見せた表情に愛の力を感じずにはいられない!

2 コメント
Loading...

冒頭の動画は拾われたばかりの頃のもの。アメリカ・ミネソタ州での出来事。ブルース・ウィリスという名前の猫は目に傷があり、歯が欠けて、病気にもかかっていました。

動物保護団体に救助されその写真がSNSに投稿されると、「世界一悲しい表情の猫」と言われ、ネット上で話題になりました。

写真を見たサンドラさんは、「その目がとても悲しく見えた」と語っています。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Mister Willis the Cat(@mrwillisthecat)がシェアした投稿

 

この投稿をInstagramで見る

 

Mister Willis the Cat(@mrwillisthecat)がシェアした投稿

しかし、サンドラさんの家はペット不可だったため、ブルースを飼うことはできませんでした。

それでもずっとブルースのことが気になっていたサンドラさん。数週間経ってもブルースが誰にももらわれないことにショックを受けていました。

サンドラさんは根気強く大家さんを説得し、なんとかブルースを飼う許可をもらうことができました。

1年後、「世界一悲しい表情の猫」と言われたブルースは、どこにもそんな面影はなく、とても朗らかな表情をしていました。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Mister Willis the Cat(@mrwillisthecat)がシェアした投稿

 

この投稿をInstagramで見る

 

Mister Willis the Cat(@mrwillisthecat)がシェアした投稿

 

この投稿をInstagramで見る

 

Mister Willis the Cat(@mrwillisthecat)がシェアした投稿

下はサンドラさんと住み始めた最初の頃から今までの変化を繋げた動画。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Mister Willis the Cat(@mrwillisthecat)がシェアした投稿

「世界一悲しい表情の猫」はもうここにはいませんでした。

コメントを残す