【鹿児島】20年間水族館で飼育されていた「サメとエイの間の子のような生物」が実は新種だったことが判明し話題に!

 
1 コメント
Loading...

鹿児島県の「かごしま水族館」で20年以上も飼育されてきた生き物が、実は新種のエイだったことが判明し話題になっています。水族館では「トンガリサカタザメ」として展示されてきましたが、誰も気づかなかったといいます。

サメとエイの間の子のような見た目をしています。

ネットには「ロマンある」「さかなクンなら気づいたかな」「こんなことがあるんですね」などのコメントが寄せられています。

誰も知らなかったとは驚きです。

コメントを残す

  • 20年間❔って❗ のんき過ぎでしょ🤔 こんなに 不思議な生物 🔍 👀をサメエ〰️イ

    1+