【未来型防災訓練】災害を自分ごととして考えてもらうために開発された「浸水体験アプリ」を体験する小学生たちの動画が話題に!

 
0 コメント
Loading...

いつ、誰にでもやってくる可能性のある災害。しかし、日常生活で実際どのようなことが起こるのか想像することは極めて難しいです。

そんな中、災害を自分ごととして考えてもらうために開発された「浸水体験アプリ」が話題になっています。

端末の画面越しに周囲を見渡すと、どのようなことが起こるのか一目瞭然で分かります。

さらに、「流動床インターフェース」と合わせると水流の強さも体感できるという優れもの。

動画には「ただなんとなく防災訓練をするより、見た目で体感できるのはいい」「これは凄い」「見ているだけでも怖い」などのコメントが寄せられています。

防災訓練も進化しているのですね。

コメントを残す