両目が見えない親友犬を献身的にサポートする子犬。そのおかげで、危ない目に遭ったことは一度もない

 
0 コメント
Loading...

ゴールデンレトリバーのタオは、緑内障で両目が見えなくなってしまいました。ある日、痛がって頭を振っていたので獣医さんに相談して発覚し、目は痛みを無くすために取り除かれてしまったのです。

そんなある日、子犬のオコが家族に加わりました。オコはまだ体の小さいゴールデンレトリバーの子犬でしたが、タオとオコはとても仲良しになりました。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Tao(@tao_mr_winky)がシェアした投稿

 

この投稿をInstagramで見る

 

Tao(@tao_mr_winky)がシェアした投稿

飼い主さんはオコをタオの盲導犬としても訓練しています。散歩に行く時には、オコがタオのリードを持ってあげて誘導します。

そのおかげで、タオが危ない目に遭ったことは一度もありません。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Tao(@tao_mr_winky)がシェアした投稿

家にいる時も2匹は一緒にいます。タオは最高のパートナーに巡り逢えて本当に幸せそうです。

コメントを残す