「ものすごく良い言葉だと思った」治療により今までのようにピアノが弾けなくなった美智子様の考え方が素晴らしいと話題に!

 
4 コメント
Loading...

人間誰しも、それまでできていたことができなくなることはとても辛く、寂しいものです。そんな中、ピアノが弾けなくなってしまった上皇后美智子様の言葉が話題になっています。

冒頭の動画は2019年、群馬県・草津町で行われた「国際音楽祭」でのワークショップに参加する美智子様の動画。美智子様は毎年このワークショップに参加し、ピアノを演奏なさっていましたが、今年は治療により手が強張っているためピアノの演奏はできませんでした。

美智子様の側近によれば、そのことについてこのように表現しているといいます。

今までできていたことは「授かって」いたもの。それができなくなったことは「お返し」したもの。

ネットには「ものすごく良い言葉だと思った」「言葉と行いに気品を感じる」「こうありたいです」などのコメントが寄せられています。

このように思えることは人間として素晴らしいと思います。このようにありたいものです。

コメントを残す

  • 芯のお強い方なんですね。このようなお言葉をさらっと口に出せるとは本当に素敵な方ですね。

    2+
  • ゆゆゆなやま

    2+
  • 人としてこんなに愛情深く優しい気持ちを保たれておられる美智子様から、沢山の生きる姿勢を学ばせて頂ける事…心から御尊敬申し上げます。
    いつまでもお元気でお過ごし下さいます事を心よりお祈り致します

    18+
  • 人柄も素晴らしいな

    9+