feel lucky

日常生活でスゴすぎる交通手段を使うコロンビアの人々の動画が世界中で話題に!

0 コメント

私たち日本人が想像する交通手段といえば、車、バイク、自転車、電車、バス、飛行機、船などかと思いますが、世界には想像を絶する交通手段を用いる人々がいます。

Loading...

南米・コロンビアの街と街を繋ぐ交通手段が凄いと、動画が世界中で話題になっています。

この人々が用いるのは、ワイヤーを滑車で滑り降りる「ジップライン」。動画には街の女性が、簡単なロープと、木で出来たブレーキを持って出発する様子が収められています。

このジップラインは長さ800メートル、最高地点の高さ300メートルになります。

この交通手段があることで、歩けば3時間かかる道のりを、たった30秒で行くことができます。

動画45秒あたりには、向こうから滑ってくる男性の姿も映し出されています。(どちらの地点もスタート地点は高い位置に設置されている)

子供から大人まで利用し、食料を運んだり、物資を運んだり、街には欠かせない交通手段となっています。

動画には「これは最高の環境にやさしい交通手段」「神がその輸送手段であなたを祝福し、守ってくださいますように」「彼らにとって、これは輸送手段であり、日常なんだね。よそ者にとっては冒険旅行だ。私にはできない」などのコメントが寄せられています。

慣れないとかなり怖そうです。

コメントを残す