feel lucky

バンダイの本社ビルの信号機と「シン・ウルトラマン」広告のコラボが天才的と話題に!

1 コメント

俳優の斎藤 工さん、長澤まさみさんらが出演する2022年5月13日に公開の映画「シン・ウルトラマン」。ウルトラマンと言えば1966年放送開始以来日本だけでなく世界からも愛される大作ですが、その話題のウルトラマンがバンダイ本社に面白い形で登場したと話題になっています。

Loading...

場所は東京都台東区駒形2丁目交差点。玩具で有名なバンダイの本社ビル前です。そこにいるのはなんと、あの「シン・ウルトラマン」。ビルの丸みを帯びた角に大きく描かれているのですが、面白いのはそれだけではないんです。なんと、バンダイ本社のウルトラマンを背に交差点を渡り、真正面から道路越しに見ると、道路の信号機が、見事にシン・ウルトラマンのカラータイマーに見えるのです。

ウルトラマンと言えば、パワーが切れてくるとカラータイマーが青から赤になりますが、それが信号機とのコラボによって幻の黄色のカラータイマーも見ることができるのです。

このバンダイ本社のシン・ウルトラマンの出現は動画やツイッターでも話題で、「バンダイ絶対わざとだよね」「確信犯でも再現性がすごい」「シン号機だね」「3分も青信号だったらやばいね」などコメントが多く寄せられています。

さすがは玩具で有名な会社、創造力が素晴らしいですね。そして多くの人がこの「シン・ウルトラマン」を見るためにこの交差点に駆けつけることでしょう。でも実は、シン・ウルトラマンにはカラータイマーはないそうです。ついつい今まで見ていた者としては「ウルトラマン=カラータイマー」と思っているといっても過言ではないんですけどね。

コメントを残す