人間に怯えきってエサを食べようとしない犬。その時獣医の取った行動に世界が感動!

野良犬を保護したと連絡を受けた、アメリカのジョージア州にある動物病院の獣医アンディ・マティスさん。向かった先で、アンディさんが見たのは、衰弱しきった一匹のピッドブル。極度の栄養失調と骨盤臓器脱や貧血など、複数の症状が見られました。アンディさんの必死の治療で、犬は徐々に元気になってきましたが、人間に怯えきっていた犬は、なかなかエサを食べようとしないのです。そこで、アンディさんは一緒に犬小屋に入って自分も食事をとることにしたのです。30秒あたりで、すると、安心したのかアンディさんが餌を手に掬って与えると、犬は食べ始めまたのです。アンディさんに診てもらえてよかったですね♪

ピンフ

この動画が気に入ったら

comments
ランダム再生 ランダム再生 ランダム再生