【フルバージョン】天皇陛下、衰え自覚し「生前退位」に強い思いを表明。国民に理解求める

天皇陛下は2016年8月8日、生前退位についてのお気持ちをビデオメッセージで表明しました。82歳となり、体の衰えを考慮し、「これまでのように象徴の務めを果たしていくことが難しくなるのではないかと案じています」と語り、国民に理解を求めました。

 

しかし、天皇の生前退位については、本人の意思に反して強制的に天皇が退位させられることも可能になるなど、その問題点を指摘する専門家もいます。 ↓

comments
ランダム再生 ランダム再生