路上で瀕死のハチドリを救った犬。その後彼らは深い信頼関係で結ばれた。

アメリカ・カリフォルニア州で飼い主のエド・ガーノンさんと散歩をしていた犬のレックスは、路上で一匹のハチドリが地面に落ち、アリにたかられているのを見つけました。ガーノンさんはハチドリはもう死んでいると思い、そのまま通り過ぎようとしましたが、レックスは頑なにその場所を動くのを拒否しました。ガーノンさんはハチドリを手に取ると、まだ生きていることを発見し、そのまま家に連れて行き看病しました。すると、数週間の間にハチドリはみるみる元気を取り戻していったといいます。

 

2匹の現在の映像を見ると、彼らがとても深い信頼関係で結ばれていることがわかります。犬と鳥、種は全く違いますが、信頼関係を築くことができるとは驚きです。末長く仲良く暮らしてほしいものです。

ピンフ

この動画が気に入ったら

comments

スポンサードリンク

ランダム再生 ランダム再生