24歳で亡くなったフェルナンデス選手。追悼試合で先頭打者がホームラン。涙のホームイン

2016年9月26日、マーリンズのエースのホセ・フェルナンデス選手がボート事故で、24歳という若さで亡くなりました。追悼試合で、先頭打者のゴードン選手がホームランを打ち、涙を流しながらホームインしました。試合終了後、イチロー選手は「今日1日が終わったら、やっぱりいないんだな、という感じです。本当なんだって。。」と語りました。

チームメイト達の悲しそうな姿を見ると、とてもやりきれない気持ちになります。。

ピンフ

この動画が気に入ったら

comments
ランダム再生 ランダム再生 ランダム再生