大きな釣り針が刺さったサメ。助けると、感謝の気持ちを伝えて懐いてきた

何かを訴えかけるようにダイバーに近づいてきた一匹のサメ。なんと、お腹には大きな釣り針が刺さっていました。お腹を見せるサメの針をダイバーは抜いてあげました。すると、まるで犬か猫のようにダイバーに鼻を擦り付け、感謝の気持ちを伝えてきました。このサメとダイバーはお互い慣れているのか、とても仲良く見えますね。サメはとても頭が良い動物なのですね。サメの周りに付いている魚もいて、海の中で頼られている存在なのがわかります。

ピンフ

この動画が気に入ったら

comments

スポンサードリンク

ランダム再生 ランダム再生