試合に負け握手もせず背を向け走り去る選手。しかし次の瞬間会場は歓声に包まれた!

コロンビアのボゴタで行われた男子テニス「カロビッチ選手×セラ選手」の試合で、負けたセラ選手が、握手もせず背を向け走り去ってしまいました。しかし、それには理由がありました。それは2人の身長差を埋めるため。相手がかがまないようにちゃんとハグができるためだったのです。このセラ選手の対応に「素晴らしい!」「紳士だ!」などのコメントが寄せられています。ちなみに、身長はカロビッチ選手が211cm、セラ選手は175cmです。セラ選手もそこまで小さいわけではありませんが、カロビッチ選手が大きいのですね!試合は負けてしまいましたが、ナイスな心遣いでした^ ^

ピンフ

この動画が気に入ったら

comments

スポンサードリンク

ランダム再生 ランダム再生 ランダム再生