【教師の鏡】がん治療の祖父を励ますため坊主にした生徒がイジメに、、校長の素敵な行動

11歳のジャクソン君はガンと戦う祖父を励ますため、自慢の長髪を剃り丸坊主にしました。しかし、それを見た同級生たちは「ガン患者みたい」「ハゲ!」などと言ってジャクソン君をいじめました。

それを見た校長のティム先生は生徒を集め、ジャクソン君にバリカンを渡し「私の髪を剃り落としなさい」と指示しました。散髪が終わると、生徒たちから自然と拍手が湧き起こりました。

ティム先生はいじめをした生徒を探し出すことはしませんでした。しかし、いじめをした生徒はこの後自らジャクソン君に謝りに来たといいます。先生の体を張った教育が生徒に伝わったのです。

先生は「他人の心の中は誰にもわからない。元気そうに見えても心の中では落ち込んでいるかもしれない。見た目で人を判断してはいけない」という旨のことを言うと、生徒たちから拍手が湧き起こりました。

まさに教師の鏡ですね^ ^

ピンフ

この動画が気に入ったら

comments
ランダム再生 ランダム再生