【神技】こんなギタリスト見たこと無い!まるでキーボードのようにギターを膝に寝かせて弾く「ラップタッピング」の巨匠!

彼はカナダ出身のギタリスト、エリック・モングレイン。膝にアコースティックギターを寝かせて弾く「ラップタッピング」というスタイルが特徴的。弦を叩く奏法自体は、古代中世から行なわれていた奏法。エリック・モングレインはそれを進化させたのだ。ギターを叩くアーティストとしては、日本だと押尾コータローが有名です。公式サイト

ピンフ

この動画が気に入ったら

comments
ランダム再生 ランダム再生