ロックダウンで閉めざるを得なかったカフェ。しかしある「特別なお客さん」のためだけには毎日カフェを開けてあげていた!

 
1 コメント
Loading...

ブラジルでの出来事。ロックダウンによりカフェの営業を中止せざるを得なかったバルボサさん。しかし、ある「特別なお客さん」のためにだけはカフェを開けてあげていました。

そのお客さんとはデレネスという名前の一匹の野良犬。

バルボサさんは「デレネスが信頼できるのは私だけでした」「私は彼女をとても愛している」と語っています。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Dulci Barbosa(@dulci.barbosa.391)がシェアした投稿

バルボサさんはデレネスが普段どこにいるのか知りませんでしたが、彼女に子供がいるであろうことは彼女の体の特徴から分かっていました。

先日やっとデレネスはバルボサさんに自分の家を紹介してくれました。そこにはたくさんの子犬たちが待っていました。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Dulci Barbosa(@dulci.barbosa.391)がシェアした投稿

バルボサさんはデレネスと子犬たちの家族を探すために行動を始めたといいます。

すぐに新しい家族が見つかるだろうと語っています。

良い家族が見つかると良いです。

コメントを残す