feel lucky

交通誘導員のおじさんもマジギレ!止めるのを無視した自己中な車が迷惑すぎることになってしまう!

6 コメント
Loading...

交通誘導員のおじさんが手信号で停車を促しているにもかかわらず、無視して先に行こうとするドライバー。案の定、前からやってきた車の交通を妨げ、危うく正面からぶつかってしまうところでした。

動画には「いるなぁ。こういうやつ」「交通整備の仕事をしていますが、たまにこういう人います」「自己中すぎる」などのコメントが寄せられています。

ちなみに、道路交通法では優先順位は

警察官の指示による交通整理 > 信号 > 交通誘導員の指示

となります。この動画の場合、指示に従わなかったことで明らかに危険なことになってしまっています。

こういう人には車を運転しないで欲しいです。

コメントを残す

  • 下手な誘導員の場合あるよ
    旗振るやついるんですよ
    ソレを見て
    行け

    勘違いすると
    今回みたいになる
    はた振ったらダメ!

    うまい誘導員は
    一、二度頭上で振って
    万歳の状態で旗を止め横にする
    そしてお辞儀
    ソレを見た時は
    これぞ誘導のプロフェッショナルとオモタ!

  • こういう状況というのは至って普通の当たり前の事であり今回の場合、もし停めるなら白のSUVの後ろ車が妥当かと。
    そして完全に停まったのを確認してから、現在停めている相勤に流して良いとも指示を出すというのが正解かと。
    現在停めている相勤の早とちりか双方の連係ミスか、そう思われます。

  • たまに交通誘導員が赤信号なのに行けって合図するけど、行ったらあかんし、行けって言われたことが違反の免罪符にもならんので注意な。

  • この場合 交通誘導員にまったく責任はありません。運転手の責任です。これで事故が起きれば運転手の安全確認義務の違反になる可能性もあります。
    以前、誘導員の仕事してる時まったく同じ状況の時ありました。そして無視していった車が事故ったのですが、事故処理にきた警察官から誘導員(自分)への聞き込みや工事関係者への聞き込みはいっさいなかったです。

  • こういう迷惑行為はやめてもらいたい!!
    このせいで事故が発生した場合
    場合によっては所属会社を辞めなければならないような程の、ガードマンさんの責任問題になりかねません。

  • 迷惑だね