急病人発生のため燃料を空中投棄して折り返す日航機。燃料を空中投棄した理由とは?!

2013年10月6日、シカゴ発成田着の日本航空機内で離陸後、3時間くらいたったあたりで急病人が発生したため、シカゴに折り返すことになりました。

 

緊急着陸では予定より燃料を消費しきっていない場合が多いため、そのままだと、機体が重すぎて制動距離が長くなり、滑走路をはみ出してしまう(オーバーラン)・着陸時翼に負担がかかる・車輪が折れるなどといった問題があるため空中で燃料投棄することになります。(Wikipedia)

 

動画の投稿者さんによると機長やCAも一生懸命に仕事を全うしていたといいます。ちなみに、空中投棄がされた燃料は気化するので地上には降り注ぎません。YouTubeには「一人のためにどれだけの金をかけただろうか。それでも引き返すとは感動した。」などのコメントが寄せられています。

ピンフ

この動画が気に入ったら

comments

スポンサードリンク

ランダム再生 ランダム再生 ランダム再生